なんとなく

身長が縮むこともある?

よく大人になると身長が縮むといわれていますが、本当にそんなことはあり得るのでしょうか?
実は大人になると身長が縮むというのは本当のことです。
人間は年齢を重ねるに従って、約5cmくらい縮むといわれています。
一般的に40歳を過ぎたあたりから10年に1.3cmのペースで縮み出します。
40歳からなので子供には関係ありませんが、大人の方は覚えておいた方がいいかもしれません。

縮む原因として考えられるのは軟骨の擦り減りです。
年齢を重ねるとどんどん軟骨が擦り減ってしまうので、結果的に身長が縮んでしまいます。
また筋肉が低下するので背骨が曲がってしまうというのも原因のひとつだといわれています。

身長が縮むのを防ぐためには、普段から姿勢を意識してください。
姿勢が悪いと身長が低く見えてしまうので、背筋を伸ばして生活をしましょう。
また筋肉の衰えを防ぐためにも筋トレを行った方がいいです。
背筋や腹筋などを鍛えることによって、加齢による背骨の曲がりを防ぐことができます。
さらに軟骨の擦り減りを予防・改善するためにカルシウムやグルコサミン、コラーゲンといった成分を積極的に摂るようにしましょう。
食事では難しいので、サプリメントの使用をおすすめします。

 

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁